【親子で使える英語プチレッスン】 ~休日の話をする時「holiday」ばかり使ってませんか?~

英語
02 /14 2020
ちょっと投稿をお休みしていましたが、
またこれから少しずつ投稿していきますので、
よろしくお願いします!

さて、「次の休日は何する?」とか「休日は楽しかったね!」など、
休日に関する話題は日常会話で盛り上がるトピックも多いですよね。
でも、「休み」を表現するときに、
いつも「holiday」を使っていませんか?
実は英語にはいろいろな表現があるんです。
今回は、「休日」の英語表現をご紹介します。

①day off
まず、普通の休日は「day off」といいます。
「It's my day off tomorrow!/明日は休みだ!」
となります。
ただ、本来は学校や仕事がある日に休みを取る。
というニュアンスがあるので、
土曜日と日曜日のお休みを指す場合は
「the weekend」の方が自然かもしれません。
「Do you have any plan for the next weekend?/次の週末は何か予定ある?」

②holiday
「holiday」は、「祝日」が最も近いニュアンスでしょうか。
「holiday」は法律や宗教上決められた休みの日を指します。
「New Year's Day/元旦」
「Independence Day/独立記念日」
などです。

③vacation
比較的長いお休みで、
旅行に行く場合は「vacation」を使います。
ただし、イギリスでは「vacation」はあまり使われず、「holiday」が使われます。
夏休みや冬休みは、
「summer vacation(holiday)」
「winter vacation(holiday)」
旅行に行かなかったりするときは、「staycation」という言葉を使うことも。
「satay」と「vacation」からの造語です。


色々あって最初は迷ってしまうかもしれませんが、
まずは普段のお休みの日(週末)について話す時に
「day off」や「the weekend」を使うということから始めてみてください。
「What do you do on the weekend/週末は何する?」みたいな感じです。

「day off」に慣れたら、すぐに他の表現も使えるようになると思います。
使い分けられると、グッとコミュニケーションもとりやすくなりますよ♪

dayoff

えいプラスタッフの子育て体験記②

スタッフ近況
07 /09 2019
こんにちは!
えいプラスタッフのいっしーです。

前回、どのように息子が英語を覚え始めたかご紹介させていただきましたので
今回は第2弾として、アルファベットを覚えた頃の様子をご紹介しようと思います。
(体験記①はこちら

2歳前に「one~ten」を言えるようになった息子は
アルファベットにも興味津々でしたので、
3歳までにはアルファベットを読み書きできるようになっていました。

アルファベットを覚えるときも、数字のときと同様に
ダンボールでカードを作って遊びながら学びました。
同時に、えいプラの「チャンツ」にも入っている「ABCソング」で
音と文字を覚えていきました。

アルファベットの絵本も大好きで
写真のようにめくり、そのアルファベットの単語を覚えました。
53_子育て体験記②
音と文字が理解できるようになったころ
車好きでもあった息子は、
駐車場の「P」
HONDAの「H」
車のギアの「P/N/D」
などを見つけては大声で読んで喜んでいました。
もちろん、画用紙にもたくさんアルファベットを書いて遊びました。

アルファベットは家の中、街中にあふれています。
音と文字が分かるようになったら、歩きながらクイズを出して遊んでみてください。
例えば「あそこに書いてあるのなーんだ?」「B,O,O,K,Sだよ!」「Booksって読むんだよ。本のことだから、本屋さんだね」なんて言いながら歩くと、子供も楽しんでくれます。

アルファベットも体験記①に書いたことと同じ
【インプット+アウトプット+反復練習】
この3つと、「楽しむこと」でしっかり身になったと思います。

えいごプラネットは小学校低学年向けなので、
それより小さい年齢のお子さんをお持ちの方がいらしたら
カードやおもちゃ、音楽などを使い、本人が楽しむ方法で学んでみてください。

【親子で使える英語プチレッスン】~「いい加減にしなさい!」は英語で?~

英語
07 /04 2019
子どもがうるさかったり、
ふざけるのをやめなかったりしたときに言う
「いい加減にしなさい!」。
これを英語で言うとしたら、
どういった表現になるでしょうか?

「いい加減にしなさい」ということは、
つまり「やめなさい」ということなので
もちろん「Stop it!」で伝えることもできます。
ですが、もっとぴったりな表現があるんです!

それは
「That’s enough!」
です!

「enough」は「十分な」という意味。
なので「それは十分です」と言っていることになります。

子どもがぐずっているときなどに言うと
「その態度はもう十分!」ということで
「いい加減にしなさい!」
と同じニュアンスになります。

もちろん、そのままの意味は「十分です」なので
別の様々な状況に合わせて使うこともできますよ。

例えば、食べ物を取り分けてもらっているときに
「もう十分です」ということを言いたいときは
「That’s enough. Thank you.」
でばっちりです。

なにかと便利な「That’s enough.」
是非覚えてみてください。
thats_enough.png

えいプラスタッフの子育て体験記①

スタッフ近況
06 /25 2019
こんにちは。えいプラスタッフのいっしーです。
今回は、私の子育て体験についてお話しようと思います。

私には現在4歳の息子がいるのですが、息子は文字が大好きで
2歳までに、1~10までの数字(日本語の後、英語)
3歳までは、A~Zまでの読み書き、簡単な英単語(色や動物、くだものなど)
が英語で言えるようになっていました。
書くのも好きで、現在では
「Yes/No」「Enter/Exit」「Congratulations」など
日常で目にするもの、ゲームで見た文字を書くことができます。

1~10の英語を覚えたときは、
段ボールを10センチくらいに切り
クレヨンで数字を書いてカードを作りました。
まずは
「1」 を見せながら「one」
「2」 を見せながら「two」
というように、数字と音を覚えてもらいました。
この遊びを中心に
YouTubeでネイティブが作成している数字の知育動画も見せました。

子供が数字を覚えたら、次は数字を読んでもらう遊びです。
「これな~に?」と聞くと、「わん」とか「ふぁい!(Five)」とか言うようになります。

実際に使っていたカードの写真です。
数字の上を息子がなぞって書いてしまい、使い古してボロボロですが、裏側には数字が分かるようにその数の物(リンゴや星、車など)の絵を描いてあります。

51_子育て体験記①


息子は未だに数字動画を英語で見るのが好きで、
おかげで1000/thousandまで英語で言うことができるようになりました。

息子がここまでできるようになったのは、
1.作ったカードと動画でインプット(耳で覚え、「イメージしたもの=耳で聞いた音」を頭の中で定着させる)
2.紙にひたすら書いた後、それを喋りアウトプット
3.親が呆れるほど毎日続ける
この3つを徹底して行っていたことがありますが、それ以上に
「本人が楽しく遊びながら学んだ、学ぶことが好きだった」ことが大きいです。

子供には英語を勉強してほしいけど、本人はそれほど英語が好きじゃない
という場合、まずは英語を好きになってもらうために
「勉強」ではなく「遊び・ゲーム」感覚でお子さんが楽しめる方法を見つけてみては如何でしょうか。
「えいプラ」にはお子さんが楽しめる要素がたくさん入っていますので、
遊び感覚で楽しく続けられる教材としてお勧めです。

次回の子育て体験記では、息子がアルファベットの読み書きをできるようになった遊び方をご紹介しようと思います。

【親子で使える英語プチレッスン】 ~everyone以外で「みんな」と呼びかけるときは?~

英語
06 /20 2019
「みんな!」とたくさんの人に呼び掛けるとき、
学校では「everyone」や「everybody」を習ったかと思います。
今回は、もう少しカジュアルな呼びかけ方を習いましょう。

性別や年齢を問わず、複数の人に呼び掛けるときは
guys
が便利です。

「What are you guys doing? / みんな何をしているの?」
「Hey guys, let’s go to a park! / ねえ、みんな。公園へ行こう!」
のように、お友達に使ってみましょう。

また、二人以上の人に同じ質問をするときに使うのも便利です。
例えば、
「Where are you from? / あなたはどこの出身ですか?」
と聞くと、どちらの人に聞いているのか分かりませんが
「Where are you guys from? / あなた達はどこの出身ですか?」
とguysを付けると、二人に聞いているようになります。

guysはカジュアルな表現なので、
目上の人に対してや改まった場所ではなく、
気軽に話せるお友達や家族に使ってみてくださいね。

117_guys.png
えいごプラネット

えいごプラネット

毎月500円で楽しく英語が身につくオンライン英語教材「えいごプラネット」の公式スタッフブログです。

ウェブサイトだけでは紹介しきれない小学生英語に関する最新情報をお伝えしていきます。

※サービス内容のお問い合わせは、ウェブサイト(https://ei-pla.com//)からお願いいたします。