涙、涙

スタッフ近況
01 /15 2019
現在、ステージ15のストーリーや背景画像を作成中です。
ストーリーを作成する際は、すどぅがメインでシナリオを書き、
他のスタッフが誤字脱字や内容の整合性などをチェックしていきます。
そのため、ステージ15作成の際もストーリーを一通り読んだのですが…
泣ける(´;ω;`)
今回の話は、ちょっと切なく感動的で、チェックを忘れて感情移入してしまいました。
(もちろんその後ちゃんとチェックもしましたよ!)
さらに、このステージでは仲間のセン・チョーの意外な過去も発覚。
涙あり、驚きありの、大人の方もお子さまも楽しめるストーリーとなっています。
えいプラスタッフとしても、ステージ15の公開が待ち遠しいです。

(画像は、ステージ15に登場するキャラクターのラフ画像です)

41_stage15.jpeg

明けましておめでとうございます!

スタッフ近況
01 /07 2019
新年、明けましておめでとうございます。
昨年はえいごプラネットがリリースされ、お客様からも「楽しい」、
「どんどん覚えられる」等の嬉しいお声をたくさんいただきました。
さらに多くの方にえいごプラネットを通して英語を好きになっていただけるように、
スタッフ一同、今年も精進してまいります!
というわけで、えいプラスタッフの今年の抱負を
①えいプラにおける抱負
②個人的な抱負
の2つに分けて発表いたします!

<けん>
①えいプラもちろん、ホームページやFacebookなどをより充実させ、
えいプラで楽しんでくれている皆様に、
英語を楽しく身につけるための情報をもっと伝えていきたい。
②体の姿勢が良くないので、姿勢をちゃんとして、子どもにも気をつけさせる。

<すどぅ>
①子どもたちの姿が見えないWeb教材だからこそ、子どもたちが何を考えて、
感じながらえいプラをやってくれているかをしっかり見ていきたい。
様々な工夫もそこを起点に。
②お酒は控えめに(5年まえからずっとそれ)

<はりー>
①子どもたちに愛着を持ってもらえるキャラクターをもっと作ること。
そして、ユーザーが増えたらキャラクター人気投票をしたい!

・マラソン10キロ走れるようになること。
・えいプラスタッフで、バーベキューをすること。

<とくちゃん>
①実生活で使える英語を楽しく学んでいただけるような教材を作る。
また、えいプラオリジナルのアイテムを増やし、お客様に喜んでいただきたい!

・ジムに通って運動不足を解消すること。
・相撲の決まり手の「はたき込み」、「引き落とし」、「突き落とし」の区別が瞬時にできるようになること。

<いっくん>
①実際に使う場面に直面したとき「あ!これえいプラでやった!」と思いつけるように、
単語・表現をたくさんの異なるシチュエーションで問題にします!
②スクワットを1日最低10回はすること。

<いっしー>
①楽しく英語を学んでいただけるように、
作成する教材は読みやすく細部までのこだわり!を心掛けたい。
②出産前の体重まで戻すこと!
息子と一緒におやつを食べてしまうのを我慢したい (*^-^*)

今年も「えいごプラネット」をどうぞよろしくお願いいたします!
えいプラスタッフ一同

39_newyear.png

えいプラスタッフのクリスマス体験記③

スタッフ近況
12 /20 2018
昨日に引き続き、えいプラスタッフのクリスマス体験記第3弾です。
本日はいっくんのオーストラリアでの体験をご紹介いたします。

突然ですが、クリスマスプディングというものをご存知でしょうか?
イギリスの伝統的なクリスマスのデザートです。
いわゆるプリンとは全くの別もので、
ドライフルーツたっぷりのずっしりとしたケーキです。
いっくんもオーストラリア留学時に、ホストファミリーとクリスマスプディングを作りました。
なんとこの量で!

44_christmaspudding.jpg

家族・親戚に配るために毎年この量を作っているそうです。
ドライフルーツを洋酒に浸して、材料を混ぜて、布に包んで、何時間もゆでて、干して…
と、とにかく手間と時間がかかります。
大変ではありますが、ひとりひとり材料を混ぜてはお願いごとをするという習慣があったり、
家ごとのレシピを親から子へ伝えたりと家族のつながりを感じるときでもあります。

皆様も素敵なクリスマスをお過ごしください!

えいプラスタッフのクリスマス体験記②

スタッフ近況
12 /19 2018
えいプラスタッフのクリスマス体験記第2弾!
本日はいっしーのエピソードをご紹介いたします。

いっしーがアメリカのある家に遊びに行ったとき、
家の中に生きているクリスマスツリーが飾られていました。
ツリーから広がる緑の香りが新鮮で、日本では体験できない思い出です。
生の木を家の中に飾るのは、アメリカでは珍しい事ではありません。
この時期になると生きている木を買いに行き、車で運び、家の中に飾ります。
生のツリーは、水やりをしたり、葉っぱが落ちたり手間がかかりますが、
飾りを付けると本当に素敵です。
毎年ニューヨークのロックフェラーセンターに飾られるツリーは約25メートルもありますが、
これも生きている木なんですよ。
クリスマスツリーは、年明け1月上旬頃まで飾られ、
外に出しておくと自治体が回収してくれます。
ほとんどの場合、細かく粉砕されて再利用されるようです。

明日も引き続きクリスマスエピソードをご紹介いたします♪

43_christmastree.png

えいプラスタッフのクリスマス体験記①

スタッフ近況
12 /18 2018
もうすぐクリスマスですね。
日本でもクリスマスにパーティをしたり、
ツリーを飾ったりする人は多いと思いますが、
海外ではクリスマスにどんなことをするのかご存知でしょうか?
本日から3日間、えいプラスタッフのクリスマス体験記をご紹介し、海外のクリスマス事情を見ていこうと思います!

まずは、とくちゃんのクリスマス体験。
毎年カナダやブラジル、韓国など、
世界各国の友人にクリスマスカードを送っているとくちゃん。
クリスマスカードは12月25日に届くように送るイメージがあるかもしれませんが、
海外では12月25日よりも前からクリスマスカードを部屋に飾って眺めるのを楽しむのが一般的です。
そのため、海外にクリスマスカードを送るときは早めに送る必要があるので、注意しましょう。
届くまでの時間も考え、とくちゃんも毎年11月中旬には投函するようにしています。
とくちゃんの場合、友達が写真を送ってくれることもよくあり、
1年に1度、互いのことを知る良い機会となっています。

ちなみに、海外へカードを送るときの住所は、
丁-番地-号 町村名 市区名、都道府県名 の順で書きます。
機会があればみなさんも送ってみてください!

42_christmascard.jpg
えいごプラネット

えいごプラネット

毎月500円で楽しく英語が身につくオンライン英語教材「えいごプラネット」の公式スタッフブログです。

ウェブサイトだけでは紹介しきれない小学生英語に関する最新情報をお伝えしていきます。

※サービス内容のお問い合わせは、ウェブサイト(https://ei-pla.com//)からお願いいたします。