インプットたくさんしていますか? ~英語習得におけるインプットの重要性

コラム
05 /27 2019
2020年4月から小学校で使用される教科書の検定結果が2019年3月26日に公表されました。
グローバル化する社会に対応する新学習指導要領に基づく初めての教科書で、今までの英語授業に比較すると、「聞く」「話す」が重視されていて、5年生と6年生の授業でも「聞く」と「話す」ことを中心に進められることになります。

「聞く」と「話す」ですが、それぞれインプットとアウトプットと分類することができます。
話す(アウトプットする)ことが、記憶の定着をうながすのでアウトプットが重要と言われることも多くありますが、実は最新の第二言語習得研究では、インプットすることの大切さがわかってきています。
インプットがあって、はじめて内容を理解し、単語や言葉の使い方に気づき、記憶に定着し、それに基づいたアウトプットが可能になります。
英語が話せるようになるには、インプットが必要不可欠なのです。
第二言語習得のプロセス

また、すべてのインプットを記憶に定着させることは不可能ですし、同様に頭の中にあるすべての知識や記憶を、そのまますべてアウトプットできるわけではありません。
つまり、もともとのインプット量が少ないと、アウトプットできる量も少なくなってきます。

こういったことから、英語の習熟のためには、大量のインプットと少量のアウトプットのバランスが大切ということがわかってきました。
上級者でもインプット7に対してアウトプットが3。
ビギナーではインプット9に対して、アウトプット1でもよいと言われています。(割合については諸説ありますが、アウトプットに対して大量のインプットが必要という点では一致しています。)

「話す」ことを重視するあまり、アウトプットする機会が多くなってはいないでしょうか。
アウトプットをするには、まずはインプットからです。
英語に慣れるためにも、まずはリスニング教材などを利用して頭の中の引き出しを十分に増やし、アウトプットにつなげてください。

english study002

【親子で使える英語プチレッスン】 ~「言い訳」を英語で言うと?~

英語
05 /23 2019
親に怒られると、子供はよく言い訳をしますよね。
今回は、その「言い訳」を英語で何と言うのか学びましょう。

「言い訳」は英語で「excuse」と言います。
子供が言い訳「excuse」をしてきたときは、
「No excuses! / 言い訳しないの!」
「That’s not an excuse. / それは言い訳にはならない。」
というように使ってみましょう。

excuseを覚えづらい場合は、
日本人にとってなじみがある
「Excuse me.」
という表現を思い出してください。
「Excuse me.」の「excuse」は「許す」という意味で
今回の「excuse」とは違う意味で使われますが
同じ単語です。

「excuse」は映画やドラマでもよく耳にする単語です。
意味が分かるようにしておくと良いですよ。

116_excuse.png

えいプラスタッフの英語体験記③

その他
05 /14 2019
こんにちは。えいプラスタッフのいっしーです。
今回は、私がアメリカに住んでいた時の「褒める」経験をご紹介しようと思います。

(とくちゃんの書いた英語体験記①はこちら
(はりーの書いた英語体験記②はこちら

渡米当初、私は英語に自信がなくて
どうやってネイティブに声をかけたら良いのか分かりませんでした。
ある朝、顔見知りの同級生が「Good morning.」と声をかけてくれたのですが
私は「おはよう」と返すだけで、言葉が詰まってしまいました。
すると彼女は、私の身に着けているものを褒めてくれて、
そこから会話が続いたのです。

その頃から、アメリカでは人を褒める習慣があることに気が付きました。
私も「挨拶+褒める」を心掛けると、相手との距離が少し縮まりました。

「それ、かわいいね / It’s cute!」
「髪切ったの?似合ってるね / Did you get a haircut? It looks nice!」
「すごく上手! / You are so good at it!」


など、あまり仲良くない人、それこそ知らない人でも
(レジの店員さんやエレベーターの中など)
挨拶と同じように褒める。
褒められると良い気持ちですし、会話が続いて少し仲良くなれるので、
とても良い習慣だと思います。

日本ではこんなに頻繁に褒めることがないので
褒めるのは意外と難しいですが、
街で出会った外国人、旅行先のネイティブなど、
気軽に褒めてみてください。
きっとお互い明るい気持ちになり、会話が弾むと思います。

48_experience3.png

【親子で使える英語プチレッスン】 ~「本当?」は英語で?~

英語
05 /09 2019
英語で会話をしているとき、
びっくりするようなことを言われたとき、
「Really? / 本当?」と言う日本人は多いと思います。
しかし、この「本当?」という表現、他にもあるんです!

Are you serious?
Seriously?
Are you sure?

など、どれも「本当?」という意味です。
ただし、それぞれ少しニュアンスが異なり、

「Are you serious?」は
「本当?」でも「本気なの?」に近い意味。

「Seriously?」は
「Are you serious?」のくだけたような表現で、
日本語で言えば「まじで?」のような意味になります。

そして、「Are you sure?」は
「本当に本当?」と確認するようなイメージです。

また、「うそでしょ!?」と言いたいときは、

No kidding!

などの表現が使えます。
これらの表現はえいプラでも教えています。
ぜひ、みなさんも使ってみてください♪
90_really.png
えいごプラネット

えいごプラネット

毎月500円で楽しく英語が身につくオンライン英語教材「えいごプラネット」の公式スタッフブログです。

ウェブサイトだけでは紹介しきれない小学生英語に関する最新情報をお伝えしていきます。

※サービス内容のお問い合わせは、ウェブサイト(https://ei-pla.com//)からお願いいたします。