日本人はなぜ英語が苦手?

コラム
10 /30 2018
日本人は英語ができない。と言われ続けて長い時間がたっています。
苦手なことを示す客観的な指標として、TOEFL iBTのスコアがあります。
TOEFL iBTは、アメリカの大学・大学院で必要な4技能(聞く、話す、読む、書く)の総合的な英語能力を測定する信頼性の高いテストです。

2017年の結果を見ると、「日本人は英語が苦手」どころか、なんとアジアで最下位!

TOELFのスコア
小学校から英語の授業がありますし、英会話学校や英語アプリなどもたくさんあるのに、なぜ世界的に日本人は英語が不得意なのでしょう?



1. 恥の文化
発音が悪いから恥ずかしい。文法が間違っていたら恥ずかしい。
だから、話すのをちゅうちょしてしまう。
この感覚、「あぁそうだ。」と思い当たる方、多いのではないでしょうか。

日本の文化を的確に分析した本として有名な『菊と刀』という本において、
アメリカの文化人類学者ベネディクトは、日本には「恥の文化」があるとしました。
この「恥」という気持ちが、英語でコミュニケーションをとる際の妨げの一つになっていると考えられています。


2. 必要性がない、動機がない
日本人が英語を苦手な二つ目の理由は、英語を習得する必要性や動機が少ないということです。
日本で普通の生活をしている限り、英語を話す機会に出くわすことはほとんどありません。
誰とでも日本語でコミュニケーションとれるのはもちろん、英語が話せなくても学校の授業を受けることができますし、就職に困るということもありません(近年、多少状況は変わってきていますが)。

当然のように思えることですが、実は他の国ではそうはいきません。
国民が英語が得意な国として有名なフィリピン。
フィリピンの小学校では、算数・理科などは英語で授業が行われています。
なぜ英語で教えるのかというと、母国語に存在しない単語が多いことが理由の一つです。
例えば、「光合成」「染色体」などです。
英語で授業を行った方が適切に教えることができるというのが、授業が英語で行われる理由です。
フィリピンの子供


また、以前ご紹介したシンガポールは、それぞれ異なる言語を母語とする多民族で構成されている多民族国家です。
互いにコミュニケーションをとるために、共通言語である「英語」を習得しなければならないという必要性がありました。

日本の場合、(幸か不幸か)日本語だけで何不自由なく生活も勉強も就職もできてしまいます。
積極的に英語を学習したいという感じる機会は少ないし、英語を学ぶ必要性もないので、日本人は英語が苦手なのです。


3. 言語間の距離が離れている
日本人が英語が苦手な理由として、もう一つ上げられるのは、「日本語」と「英語」は言語として大きく異なっている、ということです。
学習者の母語と学習対象となる言語が似ていれば似ているほど、距離が近ければ近いほど、習得は容易になります。
この言語と言語がどれだけ似ているかという概念を「言語間の距離」と言います。
言語間の距離(印欧語族)

もし、日本語と英語が似ていたら、簡単に英語は習得できたでしょう。
ですが、実際は日本語と英語は違う系統の言語に分類され、
発音の仕方(アクセントや舌の使い方など)、文字(ひらがな・カタカナ・漢字とアルファベット)、文型(主語・述語・目的語などの順番)など、すべてが異なり、言語間の距離はとても離れています。
英語と同じインドーヨーロッパ語族に属する言語を母語とする人々に比べると、
日本人は大きなハンデを背負っているのです。


4.学習時間が少ない
4番目の理由は3番目の理由にも関係します。
アメリカ国務省の外交官養成機関が、英語を母語とする人々が各言語を習得するのに必要な時間を算出し、
それに基づいて習得難易度を分類しました。

日本語は最も難易度が高い言語に分類され、
習得に必要なのは週25時間の集中コースで88週間、合計2,200時間を必要としました。
これらは平均年齢40歳程度のアメリカの外交官が習得にかかった時間です。
外国語に関する知識を有している優秀な人々であり、授業は6人以下の少人数クラスで行われ、
さらに毎日3-4時間個人的な勉強をしたうえでの結果です。
ですので、通常の場合ですと3,000時間以上は必要ではないかと言われています。
外国語の習得難易度

逆のパターン、日本人が英語を習得するのに必要な時間も、これと相当する時間が必要になるといわれています。
トロント大学の研究においても、カナダで生活する日本人の子供が学校生活をスムーズに送る英語を習得するのに
2000時間~5000時間かかっているとのデータもあり、英語の習得に3000時間以上必要というのは間違っていなさそうです。

一方、一般的な日本人の大学までの学習時間は、学校の授業だけで約740時間。
家庭での学習を足しても、1,000~2,000時間程度と言われています。
上記の3,000時間以上にはまだまだ足りません。
日本人が英語ができない理由として色々上げられますが、
そもそも圧倒的に英語に触れる時間が足りていない、という現実もあるのです。


いかがでしたでしょうか。
日本人が英語な理由は、
 1. 恥ずかしいという気持ちを感じやすい
 2. 英語を学ぶ必要性がない
 3. 英語と日本語は大きく違う
 4. 学習時間が足りていない
という4点にまとめることができます。

やみくもに英語を学ぶのではなく、習得を妨げるこれらの理由を理解し、
対策を立てながら学ぶことが英語の習得につながっていきます。
今後、どうすればいいのか、対策についてお伝えしていきます。


参考サイト、参考文献
TOEFL® テスト日本事務局 TOEFL iBT® テスト学習者用Webサイトhttp://www.ets.org/s/toefl/pdf/94227_unlweb.pdf
廣森友人(2015)『英語学習のメカニズム: 第二言語習得研究にもとづく効果的な勉強法』大修館書店
中島 和子(2016)『完全改訂版 バイリンガル教育の方法 』アルク

コメント

非公開コメント

えいごプラネット

えいごプラネット

毎月500円で楽しく英語が身につくオンライン英語教材「えいごプラネット」の公式スタッフブログです。

ウェブサイトだけでは紹介しきれない小学生英語に関する最新情報をお伝えしていきます。

※サービス内容のお問い合わせは、ウェブサイト(https://ei-pla.com//)からお願いいたします。